旭山動物園

旭山動物園2019コインロッカーと荷物預かりは?トイレ&ランチも

更新日:

皆さんは、「旭山動物園」をご存じですか。

こちらは、北海道にある有名な動物園なのですが、行ったことがない方でも、テレビなどで聞いたり、ご覧になったことがあると言う方も多いかと思います。

はじめに、行ったことがないと言う方へ簡単に「旭山動物園」についてご紹介していこうと思います。

「旭山動物園」でとても有名な事と言えば、動物たちの「行動展示」と言う方法を取り入れた事です。

猛獣を色々な角度から見ることが出来たり、オランウータンが17mの高さの塔を行き来する様子を下から見ることが出来るようになっています。

他にも様々な形の水槽を使用することで、屋外でしか見ることが出来なかった動物たちの生活の、水中での動きまで間近で観察することができたりと、動物たちの習性を普段は見られない視点から楽しめます。

この他にも、たくさん居る動物たちを色々な角度で観察することができるので、大人から子供までたくさんの方が楽しむことが出来るようになっており、1度は行ってみてほしい、おすすめのおでかけスポットです。

今回は、そんな「旭山動物園」をより楽しんでいただくために、お子さま連れの方には助かるコインロッカーやトイレのお話、ランチやショップ情報など、お出かけの前に知りたい・調べておきたい「旭山動物園」内の情報をいくつかご紹介します!

オススメ記事
旭山動物園2019攻略方法!待ち時間無しで回るコツと裏ワザも

旭山動物園は旭川市にある、北海道でも大人気の観光スポットです。 動物たちのありのままの姿が観察できる「行動展示」を取り入れたことで、一躍有名になりました。 地元の人たちはもちろん、北海道観光バスツアー ...

続きを見る

オススメ記事
旭山動物園2019混雑状況!夏休みやお盆・SWの攻略法と所要時間も

「旭山動物園」は、北海道の旭川市にある、日本の最北端にある動物園です。 北海道にありながら、東京の上野動物園につぐ、とても人気がある動物園で、ファンも多いですよ。 ご存知のママも多いでしょうが、「旭山 ...

続きを見る

オススメ記事
旭山動物園2019駐車場混雑!時間と料金は無料?おすすめは西門か

旭山動物園は、北海道の旭川市にある、市営の動物園です。 市営のため、入場料も安く設定されており、家族全員でのお出かけには、嬉しいポイントですね。 旭山動物園は、飼育スタッフさん達の温かい愛情を感じられ ...

続きを見る

 







旭山動物園のコインロッカー

 

家族連れなどで小さなお子さまが居る方は、旅行の際など、普段より荷物が増えることが多くなるかと思います。

お子さまの着替えや色々な荷物がたくさんあると、歩いたり抱っこをしたりするのも結構大変です。

そんな時、便利なのがコインロッカーですね。

預けておけば、身軽に動物園を楽しめます。

そこで、旭山動物園にあるコインロッカーをいくつかご紹介していきます。

 

 

正門

 

正門には、大小様々な形のコインロッカーが計88個用意されています。

※少し離れて2ヶ所にあります。

1番大きいサイズだとキャリーバックが入るサイズのものがあります。

それぞれの個数とサイズはこちら

  • H80×W55×D60(キャリーバック用)
    22個あり、500円
  • H60×W55×D60
    18個あり、400円
  • H80×W35×D50
    24個あり、400円
  • H77×W23×D48(縦に長い型)
    24個あり、300円

 

正門は、1番コインロッカーの数が多いですが、場所的にも使いやすく、混雑しやすい場所になっています。

正門には、バス停やタクシー乗り場などがあるので、そちらを利用する方はこちらが近いかもしれません。

他の門に比べても人の数が多い場所になるので、使用する際は早めに確保しておいた方が良いでしょう。

 

西門

 

西門には、計10個のコインロッカーが用意されています。

園内では1番少なく、コインロッカーのサイズも2種類となっています。

それぞれの個数とサイズはこちら

  • H80×W55×D60(キャリーバック用)
    4個あり、500円
  • H77×W23×D48(縦に長い型)
    6個あり、300円

数は、少ないですが、旅行者には嬉しい大きめのコインロッカーもあります。

こちらも使用する際は、早めに確保しておいた方が良いでしょう。

 

東門

 

東門のには、計22個のコインロッカーが用意されています。

他の場所は屋外ですが、こちらは屋内になっており、他のコインロッカーより設置場所は綺麗です。

それぞれの個数とサイズはこちら

  • H80×W55×D60(キャリーバック用)
    6個あり、500円
  • H60×W55×D60
    6個あり、400円
  • H80×W35×D50
    4個あり、400円
  • H50×W35×D45
    6個あり、400円

 

東門には広い駐車場があり、車で来園する方や観光バスが多く駐車する場所です。

なので、正門と同じくらいの人数の方が利用する確率が高くなっています。

こちらも使用する際は、早めに確保しておいた方が良いでしょう。

 

3ヶ所に分けて簡単にご説明しましたが、旭山動物園には、「行動展示」を始めてから来園者数が年々増えており、コインロッカーは、遅くても午前中には、埋まってしまっています。

コインロッカーの数が来園者数に比べて少ないとの声もあるので、また新たにコインロッカーが増設されるかもしれませんがまだ未定なので、利用する際は、早めに確保することをおすすめいたします。

 







旭山動物園の荷物預かりはある?

 

先ほど、コインロッカーをご紹介しましたが、旅行やお出かけの際もう1つ便利なのが、手荷物預り所です。

観光地なのではよく見かけるのですが、残念ながら、動物園内には無くコインロッカーのみになっています。

北海道なので、観光だと電車や飛行機移動で向かうかたの方が多いかと思います。

レンタカーなどがあれば車に置いておくこともできますが、そうではない場合の大きい荷物がある場合の対処法をいくつかご紹介していきます。

 

  • 宿泊するホテルに預けるもしくは部屋に置いておく。
  • 使用する予定の駅にある手荷物預り所を利用する。
  • 旭山動物園のコインロッカーに入るサイズであればそちらに入れる。
  • 「旭川観光物産情報センター」と言う場所の手荷物預りサービスを利用する。

 

ボタン

 







旭山動物園のトイレ

 

 

 

お出かけの際に、お子さまが居るとふと気になるのはトイレ情報ですね。

子供って急に「トイレ行きたい」と言い出したりします。

小さいお子さまが居るとオムツ交換ご出来る場所も気になりますね。

そこで、旭山動物園のトイレについてご紹介いたします。

 

まず、旭山動物園内には、15箇所のトイレが設置されています。

そのうち暖房便座・洗浄機能が付いたトイレは、6箇所

多目的トイレは、10箇所あり、暖房便座・洗浄機能が付いています。

正門(外側)、西門改札前、旧キジ舎横、動物資料展示館内、東門(外側)には、多目的トイレは設置されていないので、小さいお子さま連れの方などには注意が必要です。

 

基本的には様々な場所にトイレが設置されているので、行くまで遠いと言うことはないかと思います。

しかし、長期連休期間などの混雑しやすい時期はトイレも混雑していることが多いので、場所の確認などはしておいた方が良いかもしれません。

 

トイレではないですが、

園内には、休憩室が8箇所あり、人数もたくさん入る場所もあります。

そこには授乳室も設置されていて、ウォーターサーバーやレンジなど設備も充実しており、場所によっては可愛い部屋もあり、綺麗で可愛いとの口コミも多くありました。

小さいお子さまが居る方はそちらでオムツ交換などをすることもできます。

 







旭山動物園のランチ情報

 

旅行で楽しみの1つと言えば、やはり食べ物ですね。

地元の食材や動物園オリジナルのメニューなど、普段は味わえない美味しいものがたくさんあり、どこで食べようか悩んでしまいますね。

そこで旭山動物園内にある、ランチが楽しめる飲食店をいくつかご紹介していきます。

 

 

ZOOショップ&キッチンCoCoLo(ココロ)

 

こちらは、旭山動物園の正門付近にあるお店です。

地元ならではのご当地メニューが色々と味わえるお店になっています。

旭川の食材を使ったラーメンやカレー、やきそば、エゾシカの肉を使ったソーセージやメンチカツ、ラム肉を使った肉まんや肉炒め、ご当地ビールなど、色々と味わえるのでおすすめです。

お子さまメニューもいくつかあり、アレルギー対応のメニューも少ないですがあります。

地元の牧場から仕入れて作られたソフトクリームなどもあったりと、色々と食べ歩きにもおすすめのメニューもあるので、ランチ以外でも楽しめます。

※こちらは、授乳室なども完備されているので、小さなお子さまが居ても安心して楽しめます。

 

 

動物園中央食堂

 

こちらは、園の中央辺りにある飲食店です。

色々なお店でよく見かけるタイプのフードコートに近いお店になっています。

メニューは、ラーメンやカレー、丼ものからポテトなど気軽に食べられる物も多くなっています。

おすすめは、ザンギやジンギスカンの唐揚げです。

他では味わえないお肉の唐揚げですが、気軽に食べられて、子供から大人まで、色々な世代に人気のメニューとなっています。

他にももぐもぐランチパックと言う可愛らしいメニューなど色々とあり、気軽に楽しめるお店となっています。

※こちらは、授乳室なども完備されているので、小さなお子さまが居ても安心して楽しめます。

 

 

 

 

Farm zoo(夏季限定)

 

こちらは、西門の付近にあるお店です。

夏季限定で開店しているお店となっており、「谷口農場」の方が営業しています。

メニューは、こちらの農場で作られた新鮮な地元野菜などがたくさん使われて作られています。

米粉を使ったラーメンやトマトカレー、野菜カレーなど、美味しくて色々なメニューがあり、夏季しか営業していないとあって、大変人気です。

朝採り野菜なども販売しています。

こちらの農場のお米を使った手作りおにぎりなども販売されているので、お子さまメニューと言った感じのものはあまりありませんが、全体的なメニューは大人から子供まで楽しめる内容になっています。

 

 

 

 

GARDEN TERRACE LION

 

こちらは、東門付近にある飲食店です。

テラス席があり、そこからは旭川市や動物園内の景色を楽しみながら食事を味わえます。

地元の食材を使ったメニューも色々とあり、お子さまメニューも充実しています。

動物園にいる動物(ペンギンやライオン)などをモチーフにした可愛らしいメニューなどもあり、お子さまにも喜ばれるでしょう。

お酒などもあり、他のお店より少し値段設定が高めですが、景色やお食事など大人から子供まで楽しんでもらえるお店となっています。

※注意点として園外になるので、園に再入場するのに必要な用紙が必要です。

 

 







旭山動物園のコインロッカー&ランチまとめ

 

  •  旭山動物園にはコインロッカーが正門、西門、東門の3箇所に計130個ある。
  • コインロッカーは、来園者数に比べて少ない。
  • コインロッカーは長期休みなどの混雑時期などはとくに争奪戦なので、早めに確保した方が良い。
  • コインロッカーは、キャリーバックが入るサイズから大小色々な形がある。
  • 旭山動物園には、手荷物預り所はない。
  • 最寄りの駅または、観光所には手荷物預りサービスがある。
  • 旭山動物園には、トイレが計15箇所、そのうち多目的トイレがあるのは、10箇所である。
  •  旭山動物園には、多くの方が利用できる休憩所が8箇所あり、設備が整った授乳室も設置されている。
  • 旭山動物園の飲食店ではどのお店も、北海道の地元で仕入れた新鮮な野菜やお肉などを使ったご当地メニューがたくさんある。
  • 旭山動物園の飲食店では、お子さまメニューも充実しており、アレルギー対応のメニューもいくつか用意されている。
  • 旭山動物園では、夏季限定の飲食店があり、そこでは地元の農家の方が作った新鮮な野菜などを贅沢に使った料理を楽しめる。

旭山動物園についていくつかご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

園内の飲食店には、まだまだ色々なご当地メニューなどがあり、口コミでも美味しいとの声が多くありました。

食べ歩きができるメニューも色々あるので、ぜひ色々なお店を見てみてください。

旭山動物園では、たくさんの動物園たちを間近で、楽しむことができ、野生に近い動きを色々と見ることができ、大人から子供までおすすめのおでかけスポットになっています。

ぜひ、足を運んでみてください。

旭山動物園の詳細はこちら

住所:〒078-8205 旭川市東旭川町倉沼
TEL:0166-36-1104
URL:http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

-旭山動物園

Copyright© ママと娘のスタイルマガジン , 2020 All Rights Reserved.