未分類

大宰府展示館2019令和GW混雑状況!リアルタイムと入場制限は?

投稿日:

大宰府展示館は、新元号「令和」ゆかりの地として注目を集める、今、いちおしの観光スポットです。

「大宰府」とは、7世紀後半から奈良時代、平安時代にかけて、外交を担った最大規模の役所です。

新元号「令和」の典拠である万葉集には、大宰府の長官を務めていた大伴旅人が「梅花の宴」を開いたことが書かれていて、大宰府展示館には、その宴の様子を博多人形を用いて再現した模型等が展示されています。

景観も良く、大人が訪れてみたい落ち着いた空間ですよね。

また、お子様とご一緒に、日本の歴史に触れながら観光するのも楽しいと思います。

大宰府展示館の周辺には、「大宰府政庁跡」、日本最古の梵鐘がある「観世音寺」、大宰府官庁 大伴旅人が「梅花の宴」を開いた邸宅跡地とされる「坂本八幡宮」が徒歩圏内にあり、併せて観光される方も多いんだとか・・・

車で10分弱、足を延ばすと、学業の神様で有名な「大宰府天満宮」や、大宰府の防衛施設だった「水城跡」といった、名所をめぐることもできます。

新元号が発表されるやいなや、多くの観光客で賑わいを見せている大宰府展示館ですが、今回はそんな旬なスポットの混雑状況をご紹介します。

 


オススメ記事
新元号令和の変更はいつから使える?変わるタイミングと赤ちゃんや出産も

2019年4月1日、ついに新元号が発表されました。 色々と予想はありましたが、予想外!?ともいえるものでした。 号外を配り始めると求める多くの人が集まり、ちょっとしたパニックになるほどでしたね。 それ ...

続きを見る


オススメ記事
新元号令和&平成グッズ情報!記念硬貨や切手&お菓子やクリアファイルも

ついに新元号が2019年4月1日に発表されましたね。 これまで一度も使われたことのない「令」の文字の登用に驚いた方も多いのではないでしょうか? 新元号が使用される5月1日まで残り一ヶ月となりましたが、 ...

続きを見る







大宰府展示館の混雑状況

 

2018年は年間1万3000人だった入館者が、令和の発表後4月2日~7日の6日間で、なんと10000人を超えたそうです。

新元号が発表された直後は、春休みということもあり、平日も家族連れ等、多くの方で賑わっていました。

土日は遠方から観光に訪れる方も多いようです。

今後もこの賑わいが続くことが予測されますが、特にGW中に新元号に変わるという事もあり、今年のGWは混雑が予想されます。

駐車場の混雑や、渋滞も予想されますので、早めのお時間に足を運ばれるのがおすすめです。

 

GWは4月27日(土)~5月6日(月・休日)まで開館しています。

開館時間は9:00~16:30。

入場料は無料です。

 

 

 

 

 







大宰府展示館の混雑をリアルタイムで知る方法

 

リアルタイムで、混雑状況を知るには、ツイッター等のSNSを利用するのが便利です。

今まさに大宰府展示館に来館している方のSNSを見ることで、現在の様子や混雑状況をリアルタイムで知ることができます。

ツイッターやインスタグラムで、ハッシュタグ(#)をつけて検索すると見ることができます。

#大宰府展示館 混雑という感じで検索すると、実際に来館している方の情報を見ることができます。

 

 

 

https://twitter.com/e_WADACHI/status/1114803679461175296

 

また、大宰府展示館を管理運営している、公益財団法人 古都大宰府保存協会のフェイスブックからも状況を知ることができます。

しかしこちらは、リアルタイムで随時更新されるわけではないので、リアルタイムの状況を知りたいときは、ツイッター等を利用されることをお勧めします。

事前にお出掛けの計画を立てる際の情報として、古都大宰府保存協会の情報も大いに役立つと思いますので、ぜひ併せて活用してみて下さい。

 

 

古都大宰府保存協会Facebook

 

 







大宰府展示館の入場制限

 

現在、GWの入場制限の情報はみられませんが、令和発表後の入場者数をみると、大混雑が予想できます。

大宰府は人気の観光地なので、毎年GWは観光客で賑わっていますが、今年は元号が変わる特別なGWになりますので、入場待ちの長蛇の列ができることが予想されます。

早めのお時間に足を運ばれるのがおすすめです。

 

 







大宰府展示館の混雑まとめ

 

  • 大宰府展示館は、新元号「令和」発表後6日間で、昨年1年間の入場者数に迫る数の観光客が訪れている旬の観光スポットです。
  • GWは、館内、駐車場、周辺道路の混雑が予想されるので、早めのお出掛けがおすすめです。
  • 混雑状況は、ツイッター等のSNSを利用すると、リアルタイムで知ることができます。

 

 

元号は今まで、中国の儒教の経典「四書五経」などに由来していて、国書を典拠とするのは、今回の「令和」が初めてなんだそうです。

「令和」が発表された今、大化の改新から始まったと言われる元号や、日本の歴史に思いを馳せながらお出掛けしてみてはいかがでしょうか。

 

大宰府展示館の詳細はこちら

住所:〒818-0101 太宰府市観世音寺4-6-1
TEL:092-922-7811
料金:無料
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、火曜日休館)・12/28~1/4
開館時間:9:00~16:30
URL:https://www.kotodazaifu.net/pavilion

-未分類
-

Copyright© ママと娘のスタイルマガジン , 2020 All Rights Reserved.