公園

じゃぶじゃぶ池に必要は持ち物一覧!遊び方とマナー

更新日:

じゃぶじゃぶ池とは主に公園などに設置されている子ども用の遊び場のことです。

無料で水遊びができるのでお財布にも優しく、夏の暑い時期のレジャーにぴったりのスポットですよね!

そんな暑い夏の遊び場にぴったりのじゃぶじゃぶ池に必要な持ち物や遊び方、マナーについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オススメ記事
東京都世田谷区じゃぶじゃぶ池が人気の公園2019おすすめスポット5選

関東の気温も少しずつ高くなりつつありますね。 長い梅雨が明け、もうすぐ夏がやってきますよ!   暑い日に助かるのが、公園でよく見かける子供用の水遊び場「じゃぶじゃぶ池」です。 「家のベランダ ...

続きを見る

オススメ記事
東京都江戸川区じゃぶじゃぶ池が人気の公園2019おすすめスポット6選

じゃぶじゃぶ池は、暑くなると多くの子供でにぎわい、手軽に水遊びができる夏の人気スポットです。 水遊びはさせたいけど、パパがお仕事の時に、ママ一人で子供をプールや海に連れて行くのは大変。 そんな時に、じ ...

続きを見る

オススメ記事
東京都中央区じゃぶじゃぶ池が人気の公園2019おすすめスポット5選

みなさんは、大きな公園などでよくみかける、「じゃぶじゃぶ池」をご存じですか。 暑くなってきたこの時期に、とてもおすすめおでかけスポットです。 「じゃぶじゃぶ池」とは、公園などで多く見かける水遊びができ ...

続きを見る

オススメ記事
ママのじゃぶじゃぶ池コーデ2019ショーパンをオシャレに着こなす方法

じゃぶじゃぶ池はこれからの時期、子供たちにぴったりの遊びスポットですよね! 子供は水着や軽装で走り回れるのでコーディネートには特に困りませんが、付いて行くママたちはどんなコーディネートにすれば良いのか ...

続きを見る

オススメ記事
東京都江東区じゃぶじゃぶ池が人気の公園2019おすすめスポット5選

じゃぶじゃぶ池は、暑い夏を乗り越えるのに、ぴったりの遊び場ですよね。 小さいお子さんでも、浅いじゃぶじゃぶ池であれば、安心して遊ぶことができます。 この記事では、東京都江東区の、無料で遊ぶことができる ...

続きを見る







じゃぶじゃぶ池に必要な持ち物

 

 

まずはじゃぶじゃぶ池に行く際のマストアイテムをご紹介します!

 

  • 水着
  • タオル
  • 帽子(日除け)
  • 飲み物
  • レジャーシート
  • リュック

 

水着やタオルはもちろんですが、真夏の炎天下の中で遊ぶので、熱射病・熱中症対策として帽子や飲み物は必ず持って行ってくださいね。こまめな水分補給は必須です!

また、公園なのでロッカーがないところも多くなっています。

リュックは両手が使えるので便利ですし、レジャーシートは荷物の管理や休憩にも使用できます。

 







じゃぶじゃぶ池にオススメの持ち物

 

View this post on Instagram

猿江公園で本格的にじゃぶじゃぶ池デビュー!👶🏻💦💦 うちの近くは結構いろんな公園にじゃぶじゃぶ池あるけど、猿江公園が一番自然っぽくて池のエリアも長くて広くて楽しい!😚💕 エレンの新しい水着も可愛くて大満足〜🥰💜 この夏はたくさんじゃぶじゃぶ池行けるといいね😊🌈 . . #猿江公園 #猿江恩賜公園 #じゃぶじゃぶ池 #江東区のじゃぶじゃぶ池 #じゃぶじゃぶ池デビュー #クォーター #クォーターベビー #ハーフママ #ミックスベビー #ママリ #コドモダカラ #コズレ #成長記録 #コドモノ #ベビフル #親バカ部 #新米ママ #東京ママ #子育てぐらむ

A post shared by エレンと双子の成長記録👶🏻👶🏻👶🏻 (@ellen_and_twins) on

 

マストアイテムの他にも、持っていくと便利なアイテムをいくつかご紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

 

防水ケース

 

https://www.amazon.co.jp/Android-%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-iPhoneXR-6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E4%BB%A5%E4%B8%8B%E5%85%A8%E6%A9%9F%E7%A8%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C-%E6%B0%B4%E6%B3%B3%E3%81%AA%E3%81%A9%E9%81%A9%E7%94%A8%E5%AE%8C%E5%85%A8%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%81/dp/B07QFZHV2T/ref=asc_df_B07QFZHV2T/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=342521025785&hvpos=1o3&hvnetw=g&hvrand=12465451871397768057&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009288&hvtargid=pla-815188083037&psc=1&tag=&ref=&adgrpid=69000314615&hvpone=&hvptwo=&hvadid=342521025785&hvpos=1o3&hvnetw=g&hvrand=12465451871397768057&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009288&hvtargid=pla-815188083037

 

水場ではスマホなどの電子機器が気をつけていても濡れてしまうことが予想されます。

ケースに入れておけば気兼ねなく使用できますし、お子さんの写真もたくさん撮ることができるのでおすすめです!

首から下げられるストラップがついているものであれば、そのまま一緒にお子さんと遊ぶこともできるのでとても便利ですよ!

 

水遊び用サンダル

 

https://www.amazon.co.jp/Sixspace-%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%BD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%BA/dp/B07BDGBNW4/ref=asc_df_B07BDGBNW4/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=338838857971&hvpos=1o1&hvnetw=g&hvrand=8645947326569262494&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009288&hvtargid=pla-672949883458&psc=1

 

裸足だと怪我をしてしまう恐れや、地面が熱い場合もありますので、濡れても良い水遊びシューズがあるととても便利です。

ビーチサンダルなどは脱げやすいので、シューズタイプなどの足をしっかり固定できるタイプならお子さんも気兼ねなく思いっきり遊べますよ。

 

子ども用ラッシュガード

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%BA%E6%B0%B4%E7%9D%80-%E9%95%B7%E8%A2%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E4%B8%8A%E4%B8%8B%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%BB%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B4%E6%9F%84-%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF/dp/B07RSJRKCZ/ref=asc_df_B07RSJRKCZ/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=356744774793&hvpos=1o2&hvnetw=g&hvrand=3111163592733505739&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009288&hvtargid=pla-771099703822&psc=1

 

休憩場所や影のあるところがないところも多いので、1日中太陽の光を浴び続けることになってしまいます。

そんな時、ラッシュガードは直射日光を避けるのに有効です。

風が吹いた時の寒さ対策にもなりますので、おすすめです。

 

虫よけスプレー

 

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%97-%E8%99%AB%E9%99%A4%E3%81%91%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC-%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%B3-%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97-%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%86%E3%83%BC%E3%81%9F%E3%82%93/dp/B07P5BZWXF/ref=asc_df_B07P5BZWXF/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=342487797984&hvpos=1o3&hvnetw=g&hvrand=17669004935519632816&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009288&hvtargid=pla-715631306819&psc=1&th=1&psc=1

 

公園にあるじゃぶじゃぶ池は自然が多い公園だと蚊などの虫がいることがあるので、虫除けスプレーがあると安心です。

また、水に濡れると効果が弱まってしまうので、こまめにスプレーしてくださいね。

 

水遊び用パンツ

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%B3-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84-9-14kg-%E7%94%B7%E3%81%AE%E5%AD%90%E7%94%A8-12%E6%9E%9A/dp/B07C33ZL3G/ref=asc_df_B07C33ZL3G/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=208234101309&hvpos=1o2&hvnetw=g&hvrand=17404745891459823734&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009288&hvtargid=pla-455829358013&psc=1&th=1&psc=1

 

「オムツが取れていても少し不安…」というままさんたちにおすすめなのが水遊び用パンツです。

水着の下に履かせておけば安心ですよね。

ただ、施設によっては「水遊び用オムツ不可」となっているところもありますので、事前にホームページなどで確認してみてくださいね。

 







じゃぶじゃぶ池の遊び方

 

じゃぶじゃぶ池は足元の浅い水場で遊ぶ施設です。

子供は寝転んで遊んだり、噴水のある場所では全身が濡れることもあります。

また、水着の着用が必要な場所もありますのでチェックして行ってくださいね。

監視員がいる施設は少ないので、お子さんから目を離さないようにしましょう。

 







じゃぶじゃぶ池のマナー

 

監視員がいない施設がほとんどで、決まりも少ないことが多いですが、だからこそマナーを守って気持ちよく遊べるように注意が必要です。

じゃぶじゃぶ池のマナーについてご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

水着着用

 

全身が濡れてしまうことも多いので、水着の着用がおすすめです。

荷物は増えますが、お子さんたちが思いっきり遊べますよ!

また、水着着用が必須となっている施設も多数あります。

利用する施設のホームページをチェックしてくださいね。

 

オムツ

 

じゃぶじゃぶ池ではオムツを着用しているお子さんは遊ぶことができないところが多く、水遊び用オムツも不可の場合があるので注意してください。

衛生管理上の問題となっているので、「意思表示ができる」お子さん向けの遊び場ということになります。

オムツが外れた幼児から小学校低学年までが対象となっています。

 







じゃぶじゃぶ池に必要な持ち物&遊び方まとめ

 

  • 持ち物は両手のあくリュックで持っていくのがおすすめです。
  • 施設によって着用できるもの、できないものがありますので、事前にホームページなどで確認が必要です。
  • 水着着用必須の施設がありますのでご注意ください。
  • オムツが外れた幼児から小学校低学年までが対象となっている施設が多くなっています。

 

いかがでしたか?

 

遊び方やマナーを守って夏の暑い時期に無料で楽しめるレジャー施設を活用してみてくださいね!

 

-公園

Copyright© ママと娘のスタイルマガジン , 2019 All Rights Reserved.