江東花火大会

江東花火大会2020混雑状況!リアルタイム攻略と対策や穴場スポットで回避術

更新日:

江東花火大会が2020年は、東京オリンピックの影響で大幅に前倒しとなり、6月6日(土)に荒川・砂町水辺公園で開催されます。

江東花火大会は今年で38回目を迎え、毎年、約4000発の花火が打ち上げられます。

例年は約30万人を超える人が集まりました。

打ち上げ場所から、会場になる砂町水辺公園までは150mという近さ。

会場までいくと、臨場感あふれるド迫力の花火を鑑賞できます。

芝生や護岸の好きなところにシートをひいて、川面に映る花火に夏を感じながらゆったりと楽しめる、下町系花火大会です。

しかし、30万もの人が集まるとなると気になるのが混雑具合!

花火大会には行きたいけれど、お子さんを連れての来場は「大変」、「心配」、というママも少なくないかと思います。

そこで、過去の混雑状況や今年の混雑予想、穴場スポットについて調べてみました。

オススメ記事
江東花火大会2020交通規制の時間帯や通行止めはどこ?駐車場を見つける方法

江東花火大会は毎年、江東区東砂付近の荒川にて開催される花火大会です。 荒川の中央部に用意された船台から、打ち上げられる花火。 観賞会場となる砂町水辺公園からは150mしか離れていません。 目の前で華開 ...

続きを見る

オススメ記事
江東花火大会2020穴場で場所取りする方法と有料席や屋台の場所&時間も

江東花火大会2020は、東京オリンピックの影響で、大幅に前倒しとなり6月6日(土)に開催いたします。 花火は約4000発と、お世辞にも規模が大きいとは言えませんが、観覧会場となる場所から150mしか離 ...

続きを見る

オススメ記事
江東花火大会2020雨天の場合はどうする?発表時間と延期日程を調べる方法

江東花火大会は、東京都内で開催される他の花火大会と比べて、「あまり混雑しない」「ゆったりと場所がとれる」と、お子さんがいる家族連れの方にも人気の花火大会です。 今年で37回目の開催。花火を間近に見られ ...

続きを見る

 







江東花火大会2020の混雑状況

 

江東花火大会の会場になる砂町水辺公園は、横に長く、河川敷としての幅も広めです。

打ち上げ台から離れた場所を選べば、花火開始直前に着いても、ゆったりとした場所を確保できます。

しかし、会場内全体での人出は多く、更に会場からの帰りの電車では大混雑が予想されますので、お子様と離れないよう気を付ける必要があります。

 

例年の人出、30万人超というのは、どれくらいの混雑なのかを想像してみましょう。

1車両130人が乗れる電車に、通勤ラッシュ時と同じ198%の人(約250人)を乗せたとして、1,280車両必要・・・例えばこんな混雑具合となります。

花火を見る場所はゆったり取れても、最寄り駅までの道のりと電車はギュウギュウです。

また、今年は木曜日と平日の開催なので、通勤で電車を利用する人も多くいます。

電車での移動ではさらなる混雑が予想されます。

 







江東花火大会2020の混雑をリアルタイムで知る方法

 

電車や会場での混雑状況を知りたい方は、ツイッターやインスタグラムで検索をしてみましょう!

リアルタイムの混雑の情報を投稿してくれている方がいますよ。

#江東花火大会 混雑
#江東花火大会 混雑 メトロ
#江東花火大会

といったハッシュタグ検索がオススメです。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Takaaki Horibeさん(@hori_baby)がシェアした投稿 -

 

ツイッターは、いくつかワードを入れて検索できるので、ピンポイントで知りたい情報をGETできそうです。

インスタグラムは写真から会場などの混雑具合がわかりますよ。

リアルタイム情報はSNSをうまく利用してみてくださいね。

 







江東花火大会2020の混雑対策

 

皆さんは、混雑を避けて花火を見ますか?

混雑を気にせず目の前で迫力の花火を楽しみますか?

いくつか混雑対策をご紹介します。

 

電車移動の混雑は前後にずらす

 

電車の混雑を避けたいならば、開始前は早めの移動を。

帰りも終了前に会場を出発するだけで、電車での混雑を多少回避できます。

花火の打ち上げ時間は19:40~20:30までの約1時間。

意外と短い時間ですが、会場での人混み+電車での帰りの混雑は、お子様にはつらいもの。

特にお子さんが疲れていそうな時、眠そうな時は鑑賞を早めに切り上げる決断を。

または、終了後、人の移動が少し落ち着いてから駅に向かうなどすると、電車内でのヒドイ混雑は避けられます。

 

東西線以外の路線を使う

 

最寄り駅は東京メトロ「南砂町」ですが、都営新宿線「東大島駅」「大島駅」も同じような距離か、少し足をのばしたくらいの場所にあります。

混雑を避けたいなら、新宿線を使って帰宅する経路を調べておいても良いでしょう。

 

歩きやすい靴でお出かけを

たまには家族そろって浴衣で花火を楽しみたい!

そんな気分になりますが、お子さんにもママにも、足元だけは歩きやすい靴を推奨します。

最寄り駅から会場まで徒歩15分ということもありますが、万が一、人混みに入ってしまうと足を踏まれてしまう事もしばしば。

帰りはお子様を抱っこしている、なんてことも考えられますので、履きなれた靴で行きましょう。

 

打ち上げ台から離れた場所でみる

 

砂町水辺公園会場で見る場合、荒川に設置された打ち上げ船台に近ければ近いほど、混雑さが増します。

しかし、河川敷まで行ってしまえば、周りに高い建物はなく花火を遮る物もありませんので、どこからでもよく見えますよ。

それなら、打ち上げ台から離れた場所にゆったりと場所を確保しましょう。

ただし、風下にいると、だんだんと煙で花火がよく見えなくなってくるので、なるべくなら風上での場所取りがおススメですよ。

 

会場までのトイレを確認しておく

 

会場に行くまでの道のりに商店街があり、露天や屋台が並んでいるため、会場までもが混んでいる時間帯があります。

会場に行けばトイレはありますが、間に合いそうにない!!そんな時のために、最近はトイレの場所をみんなで共有できるアプリなんかもあります。

気になる方はインストールしてみると安心ですよ。

 







江東花火大会2020の穴場スポットでの混雑回避法

 

穴場スポットで場所取りをしようと思い、行ってみたら混んでいた・・なんて事、ありますよね。

江東花火大会に限り、場所取りに関してはご安心下さい。

この花火大会自体が「穴場」と称される程の大会です。

混雑から外れて花火を見られる場所がいっぱいあります。

 

オススメ記事
江東花火大会2020穴場で場所取りする方法と有料席や屋台の場所&時間も

江東花火大会2020は、東京オリンピックの影響で、大幅に前倒しとなり6月6日(土)に開催いたします。 花火は約4000発と、お世辞にも規模が大きいとは言えませんが、観覧会場となる場所から150mしか離 ...

続きを見る

 

ネットやSNSに載っている穴場スポットは、年々混んできてしまう傾向にありますので、「行ってみたら混んでいた」という場合は、どんどん河川敷に沿って距離を取っていけば、「人があまりいなが、花火は綺麗に見られる場所」に遭遇できます。

少し周りから離れることで、駅までの道のりも時間差で帰路につくことができますし、隣の駅を利用するなどの混雑回避もできますよ。

最寄り駅を避け、隣の駅周辺の穴場スポットへ行ってみたら、やはり混んでいた・・

といった場合は、帰りのその駅も大混雑する可能性があります。

その場合は、諦めて終了前に帰るというのも一つの手ですよ。

 

 







江東花火大会2020の混雑まとめ

 

  • 会場となる、砂町水辺公園内でも打ち上げ台から離れたところを選べば、ゆったりと場所取りができる。
  • 電車と会場までの道のりが混雑します。隣の駅を使う、早めに帰るなどで、多少の混雑回避ができます。
  • 歩きやすい靴で行くことをおススメします。
  • リアルタイムの混雑については、ツイッターなどのSNSで検索しましょう。
  • 穴場スポットに行って混んでいたら、少しの移動と、終了前に帰路につく等も一つの手です。

電車での混雑や、会場までの道のりの混雑は予想されますが、花火を見る場所については余裕をもって確保できそうです。

場所取りに並ばなくて良いと評判なうえ、間近で花火を見られるとあって、この花火大会自体が「穴場」とツイートされていました。

打ち上げ数は少な目かもしれませんが、花火を真下で見る機会というのは、なかなか稀少なものです。

お子さんとはぐれないように気を付けて、江東花火大会2020を楽しんで下さいね。

 

江東花火大会の詳細はこちら

開催日:2020年6月6日(土)
時間:19:30(開始19:40)~20:30
場所:荒川・砂町水辺公園(江東区東砂8丁目22番地先)
打上数:約4000発
その他:荒川・砂町水辺公園内に常設トイレおよび仮設トイレが数か所あります
URL:https://www.city.koto.lg.jp/101032/kurashi/komyunitei/hanabi/67.html

-江東花火大会

Copyright© ママと娘のスタイルマガジン , 2020 All Rights Reserved.