すき焼き

すき焼きの割り下レシピ!関西と関東の違いは?黄金比とめんつゆの使い方

更新日:

 

すき焼きが恋しい季節になってきましたね。

大人も子供も大好きなすき焼き。

甘辛い割り下で煮たお肉やお野菜を甘い卵につけて、食べると口の中に旨味が広がり幸せな気分になりますよね。

特に冬は、クリスマス、お正月と人が集まる機会も多く、すき焼きをやりたいと考えるママさんも多いと思います。

 

でも、すき焼きの割り下って、関西と関東で違いがあるって知っていましたか?

今日は、すき焼きの割り下の関西と関東の違いをまとめると同時に、上手なめんつゆの使い方も教えます!

お客様の出身地にあわせて割り下を調整するもよし、子供達にプチ情報として教えるのもよし、知っているとちょっと役立つ情報をまとめますね。

 







すき焼きの割り下レシピ・関西と関東の違い

 

すき焼きは関西と関東で、まず作り方が違います。

卵につけて食べるのは同じなのですが、大きく違うのは、割り下を使うかということです。

一言でいうと、関西のすき焼きは【焼く】、関東のすき焼きは【煮る】のです。

調理法を詳しく解説します。

 

関西のすき焼き

 

最初にお肉を焼きます。

その後に割り下を使わず、砂糖、醤油を使い味付けします。

その後、野菜をいれ、酒や水で濃さなどを調整します。

素材の味を楽しむ傾向が強い関西人は、肉の味を楽しむのでしょう。

後述する関東風は、事前に味をきめた割り下を使うのに対し、関東風はその時その時の野菜量などで味がかわります。

慣れてなないと少し難しそうです。

逆に鍋奉行さんは、活躍しそうですね。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Taishi Takahatakeさん(@taishi_balancestyle)がシェアした投稿 -

 

関東のすき焼き

 

関東風も最初に牛脂を広げ、少しお肉を焼きます。

その後は割り下をいれ、野菜も肉もあわせて、ぐつぐつ煮ます。

その為、関東では昔、すき焼きは牛鍋といわれていたそうです。

確かに一度に煮込む調理法は、すき<焼き>というより、<鍋>に近いですよね。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

💫Tatsuo Sumikawa✨さん(@6201_ttsuo_sumikaw)がシェアした投稿 -

 







すき焼き割り下の黄金比

 

では、それぞれのすき焼きの調味料の黄金比を調べてみました。

 

関西の割り下

 

関西の味の決め手は、濃口醤油、砂糖、酒です。お肉を焼いた後は、多めに砂糖と醤油をまぶし、後で酒や野菜の水分で調整するのが一般的なようです。

 

Cpicon 関西風☆すき焼きの割りした by かなちな

Cpicon 年末年始に!関西風!薄味低糖すきやき! by 速水ユウ

 

出汁を使わず、ダイレクトに醤油、砂糖、酒で調理するレシピが目につきますね。

 

関東の割り下

 

割り下を事前に準備します。割り下は、砂糖、醤油、出汁、みりんで調整します。

 

Cpicon 基本のすき焼き♪わりした・すきやきのタレ by 漢方薬のタカキ大林店

 

出汁、醤油、みりんは全て1:1と覚えやすいですね。

 

Cpicon すき焼き*関東風 by maria358

 

こちらのレシピも出汁、醤油、みりんは1:1です。違うのは砂糖の量ですね。

甘辛さについては、味見しながら、自分の好みの甘辛さをみつけましょう。

 







すき焼きの割り下レシピ・めんつゆの使い方

 

上記の黄金比は分かったけど、味の調整は面倒だし、なかなか味が決まらないとお悩みのママさんも多いはず。そんな時こそ、主婦の味方、めんつゆです。

一発で味が決まるから、煮物などに重宝しているママさんも多いはずです。

すきやきの味付けにも、めんつゆが使えたら、便利ですよね。

 

Cpicon めんつゆで簡単すき焼き by おんぷ131

 

出汁をめんつゆに変えていますね。

出汁をとるのは、時間がかかるし、面倒というママさんには、ありがたいですよね。

 

Cpicon 岩津ねぎが主役のすき焼き by めぐみの郷

Cpicon 【低糖質】木綿豆腐どっさりすき焼き風♪ by ☆ぴよちゃん☆

 

こちらは、なんとめんつゆ1本で出来ます。

すき焼きのタレがいるとなると、買いにいくのも手間なので、これは嬉しいですね。

簡単レシピなので、おかずの1品として手軽にすき焼きが楽しめそうです。

 







すき焼きの割り下レシピ!関西と関東の違いは?黄金比とめんつゆの使い方のまとめ

 

いかがでしたか。

  • すき焼きは関東風と関西風があります。大きな違いは、割り下を使うかという点です。
  • 関西風は割り下を使わず、肉を焼き、その場で味付けをし、野菜や酒で味を調整していきます。関東風は事前に割り下を作り、肉や野菜を煮ていきます。
  • すき焼きを作るときに時短したいママさんには、めんつゆがおススメです。
  • すき焼きのタレも不要、面倒な味の調整もいらず、一発で味がきまります。

「今日は関西風」「今日は関東風」と調理法を変えてみるだけで、子供達はワクワクするかもしれませんよ。

-すき焼き

Copyright© ママと娘のスタイルマガジン , 2019 All Rights Reserved.