未分類

東京駅コインロッカーが空いていない時は手荷物預かりが便利?

更新日:

皆さんは、コインロッカーをご利用になったことがありますか。

お出かけの途中など、ついつい買いすぎたりしてしまった場合などに、帰り時間まで置いておけるので、子供の着替えなど普段の荷物が多いママさんたちにもとても便利な場所です。

いつもは車でお出かけの皆さんも、東京などに行く際は駐車場も少なく電車やバス移動が増えるかと思います。

今日は車がない!と言う方にも駅のコインロッカーはとても役に立ちます。

今回ご紹介するのは、東京駅についてなのですが、利用者がとても多い東京駅のコインロッカー。

なかなか空いてない事が多く、使いたいのに空いてない!と言う場合が多くあります。

そんな時におすすめの「手荷物預かりサービス」についてご利用方法などをご紹介します。

 

オススメ記事
東京駅コインロッカー空きを調べる方法と穴場ならココ!

皆さんは、東京駅へ行ったことがありますか。リニューアルし2012年に新しい顔を見せてくれましたね。 東京駅には、ショップから飲食店まで様々なお店が入っています。 イルミネーションが観られる時期もあり、 ...

続きを見る







東京駅のコインロッカー事情

 

東京駅では、1日の利用者数が約45万人程居て、コインロッカーの数は約2700個近くあります。(駅の隣接施設を合わせると約4000個以上)

近年は外国人観光客も増えていて、駅の利用者がこれだけ居れば、やはりコインロッカーは毎日埋まってしまいます。

平日では、1階はほぼ埋まっており、地下1階では「小サイズ」にロッカーの空きがあるくらいで、土日・祝日はそれ以上に空きがなくなります。

東京駅のコインロッカーのサイズは「大・中・小」あり料金は、

  • 改札内が400~600円程
  • 改札外400~700円程

と、改札の中の方が少しお安くなっています。

コインロッカーは、小銭を入れるタイプからSuicaで支払うもの、鍵を使用するものから暗証番号タイプのものまで色々あります。

空いていれば、自分合った使用方法のロッカーが選べます。

「大・中・小」あるコインロッカーは、荷物に合わせたコインロッカーが空いている場合も少ないです。今は携帯で空き状況を教えてくれるサイトもありとても便利になっています。

 

各ロッカーの場所はこちら

 

携帯サイトだけでなく、東京駅内には階やロッカーの大きさなどを絞って検索できるタッチパネル式の機械もあります。

こちらも便利です。

「東京駅Suicaロッカー検索」と言います。

 







東京駅の手荷物預かりサービス

 

東京駅のコインロッカーについて簡単にご説明しましたが、やはり土日利用の方も多いであろうコインロッカー。

使いたい大きさのコインロッカーが空いてない事が多いかと思います。

そんな時におすすめなのが、東京駅内で手荷物預かりサービスを行っている「クロークサービス」と言う場所です。

こちらがどんなサービスかと言うと、決まった大きさ以内の荷物を600円/個で、預かってくれるサービスになっていて、コインロッカーが空いていない際はとても便利です。

とくに便利なのが旅行で来てる際に購入した、「冷蔵・冷凍」系のお土産も預かってくれると言うポイントです。

普通の荷物ならコインロッカーも良いですが、お土産ってなかなかロッカーには入れづらいですよね。

こちらなら、先に買ってしまったものでも安心して預けられます。

預かってくれる荷物のサイズはこちらです。

1. 縦・横・長さの合計が250㎝未満のもの(長さは2mまで)。
2. 1個の重さが30㎏未満のもの。
※その他、係員が保管に適さないと判断したものは預かれません。

「クロークサービス」では他にも、宅配便・空港宅配便のサービスも行っていて、自宅などへ届けてくれます。

 

クロークサービスのデメリットとしては、1つの荷物に対して600円がかかるので、コインロッカーのように1個の料金だけで鞄が2つ入れられる場合があるとなどのやり方が出来ないことです。

クロークサービスに預ける場合は、規定のサイズ内に収まりそうでしたら1つにまとめる事をおすすめします。

1日の営業時間が、8:30~21:00(当日の預かりは20:30まで)なので注意が必要です。

忘れてしまうと日数分の料金がかかってしまいます。

クロークサービスの利用料金等

 

東京手ぶら観光手荷物預かり処

 

東京駅内では「東京手ぶら観光手荷物預かり処」と言う佐川急便が行っている手荷物預かりサービスもありこちらは、

1. 縦・横・高さが200㎝未満
2. 重さが30㎏未満

の手荷物を預かってくれます。

こちらでも、宅配などのサービスを行っています。

佐川急便の手荷物預かり処の料金表

 

JR東日本橋トラベルサービスカウンター内手荷物関連サービス所

こちらも東京駅にある手荷物預かりサービスなのですが、こちらは観光に来ている外国人優先になっています。

預けられる荷物の条件は「クロークサービス」と同じで、その他にポーターサービスと言うJRの一部の駅やバス乗り場まで荷物を届けてくれるサービスです。

駅には大量のロッカーがあるので使用したロッカーの場所を忘れてしまうのが心配と言う方にも「クロークサービス」は受け取りはこちらに行けば良いのでおすすめです。

 







東京駅の手荷物預かりサービスの場所

 

クロークサービス

 

クロークサービスの場所はこちら。

東京駅地下1階 グランスタ内にあります。

近くには、東京駅の待ち合わせ場所として有名な「銀の鈴」があります。

営業時間:8:30~21:00
TEL:03-5288-5911

 

 

JR東日本トラベルサービスセンター

 

「JR東日本トラベルサービスセンター」はこちらです。

東京駅1階 丸の内北口 付近にあります。

営業時間:7:30~20:30
(ポーターサービスは18:00まで)
TEL:03-5221-8123

 

 

東京手ぶら観光手荷物預かり処

 

佐川急便「東京手ぶら観光手荷物預かり処」はこちらです。

東京駅1階 日本橋口 付近にあります。

営業時間:7:00~23:00
TEL:03-5224-6885

 

 







東京駅の手荷物預かりまとめ

 

  • 東京駅のコインロッカーは、観光客も多いので平日でも空きが少なくなることがある。
  • コインロッカーは、改札外の方が少し高い。
  • コインロッカーの空き情報が分かる、携帯サイトがある。
  • 東京駅内には、「東京駅Suicaロッカー検索」と言う機械もある。
  • 東京駅には、「クロークサービス」と言う手荷物を預かってくれる場所がある。
  • 預かれる荷物は、縦・横・長さ250㎝未満、重さ30㎏未満のもの。
  • ロッカーには、入れられない「冷蔵・冷凍」のものも預けられる。
  • 荷物の宅配・空港宅配便もお願いできる。
  • 1日の営業時間が決まっている。
  • 東京駅には、他にも佐川急便や外国人向けの手荷物預かり所もある。
  • 「クロークサービス」は、東京駅地下1階の銀の鈴付近、グランスタ内にある。

 

東京駅の「クロークサービス」についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

コインロッカーも値段などを考えてもとても便利ですが、食品や物の大きさなどでコインロッカーには、入れられないものも色々あると思います。

そんな時は、ぜひ「クロークサービス」を利用してみてください。

旅行の際などにとても便利なサービスになっているので、荷物の多いと日など、役に立ってくれるでしょう。

ぜひ利用してみてください。

 

オススメ記事
チームラボお台場と豊洲チケット取りやすい&混雑避けたい場合はどっち?

2018年6月にオープンしたお台場のチームラボボーダレスと、7月にオープンした豊洲のチームラボプラネッツ。 何かと比較される両者ですが、その理由は、2つのミュージアムの距離が近いのもありますね。 両者 ...

続きを見る

オススメ記事
キッザニア東京2019の混雑予想!平日と土日や夏休みのリアルタイムは?

ららぽーと内にあるキッザニア東京では、子どもがリアルな職業体験を行えます。 体験が楽しいと子どもに人気ですが、口コミを見ていると、その頑張る姿やユニフォーム姿が可愛くて仕方が無いと大人も写真撮影など、 ...

続きを見る

-未分類
-,

Copyright© ママと娘のスタイルマガジン , 2020 All Rights Reserved.