雑学

台風で頭痛はなぜ?吐き気や肩こりにめまい&眠気の原因と対策や対処法も

投稿日:

台風が近づくと頭が痛くなる、そんな経験はありませんか。

昔からよく「古傷が痛むと雨が降る」と言われますが、迷信や思い込みのように思われてきました。

しかし、最近では、台風の時に頭痛が起きるのには根拠があると考えられています。

こういった症状は、天候の悪い時に起こることから、「気象病」や「天気痛」と呼ばれています。

具体的な症状としては、頭痛、吐き気、肩こり、めまい、眠気、耳鳴り、関節痛等、多岐にわたり、この気象病の症状に悩む日本人は、約1000万人に上るともいわれています。

なぜ台風が近づくと頭痛が起こるのでしょうか。

症状の重さは、軽い痛みを感じる程度の人もいれば、日常生活に支障をきたすほどの痛みを感じる人もいて、人によって異なりますが、その原因が分かれば、対処することができます。

今回は、多くの方が悩まされている、台風の時の頭痛についてお伝えします。

 


オススメ記事
台風で飛行機は飛ぶ?国際線のキャンセルや欠航の確率に前日に変更も

台風シーズンに旅行等、海外に行く予定を立てると、台風の接近や直撃で、飛行機の運航に影響を受けてしまうことがあります。 飛行機が欠航になってしまった時、航空券の変更やキャンセルはどうしたらいいのか、台風 ...

続きを見る


オススメ記事
台風の時のディズニー2019混雑状況とリアルタイムを知る方法!乗り物も

ディズニーランド&ディズニーシーは嵐でも台風でも、年中無休で営業しているって知っていましたか? いつでも混雑しているイメージが強い、ディズニーランド&ディズニーシーですが、台風などの悪天候で、来客数が ...

続きを見る

 







台風頭痛の原因

 

気象病の原因と考えられているのは、「気温」「気圧」「湿度」の3つです。

台風の時に頭痛が起きる原因は、この中の「気圧」が関係していると考えられていています。

気圧の変化の影響で、自律神経のバランスが崩れ、頭痛を引き起こします。

 

 

そのしくみは、耳にあります。

耳の中に、気圧の変化を察知するセンサーのような役割をしている「内耳」という器官があります。

内耳が気圧の変化を察知して、脳に伝えます。

この内耳が過敏だと、気圧の変化に必要以上に反応してしまい、脳が混乱を起こします。

脳が混乱を起こすと交感神経が刺激され、血管が収縮します。

そして、収縮した血管が、その反動で開き、神経が刺激され、頭痛を引き起こします。

これは、山の上などの気圧が低い場所で、お菓子の袋が膨らむのと同じ原理です。

「台風」は、熱帯の海上で発達した低気圧のことを指すので、台風が近づくと、

気圧の変化→内耳が察知→脳が混乱→交感神経が刺激される→血管が開く→神経が刺激される→頭痛が起こるのです。

 

 

 







台風頭痛の対策

 

台風頭痛に悩んでいる人は、普段から、天気と自分の体調を記録することをおすすめします。

日記をつけることで、雨の前日に痛み始めるのか、雨の日に痛み始めるのか、雨の後に痛み始めるのか、自分の体調を把握することができます。

自分の体調が把握できれば、天気予報を見て予定を立てることもできますし、事前に対策を取ることもできます。

「頭痛~る」等、頭痛日記が簡単につけられるスマホ用のアプリもあるので、活用してみて下さいね。

 

https://twitter.com/crewbpgl1112/status/1097984170091995136

 

台風による体調不良には、様々な症状がありますので、それぞれの対策をご紹介します。

 

吐き気

 

吐き気の原因は気圧の変化にあるのですが、先ほどもお伝えしたように、気圧が下がると、血管が広がります。

血管が広がると、血液が流れやすくなります。

血流が良くなりすぎると、血管が周りの神経を圧迫し、頭痛等の痛みに繋がります。

そして、頭痛を起こす神経を通る時に、吐き気を感じる場所を通るため、頭痛と同時に吐き気を感じることがあります。

天気と自分の体調の関係を把握し、事前に痛み止めの薬を飲むことで、頭痛や吐き気が起こるのを避けることができます。

 

肩こり

 

気圧の変化を内耳が察知することにより、脳が混乱すると、血管だけでなく筋肉も膨張し、その膨張した筋肉を収縮しようと体が反応します。

その時に起こる痛みが肩こりです。

気圧の変化に負けない体づくりのためには、自律神経のバランスを整えることが大切です。

自律神経を整えるためには、規則正しい生活を心がける事やストレスをため込まないことが有効です。

 

めまい

 

人は、内耳からの情報と、視覚からの情報が一致して、平衡感覚を保つことができます。

しかし、気圧の変化により、内耳から体のバランスが崩れたという情報が脳に行くことにより、視覚からの情報と一致しません。

これによって、脳が混乱し、めまいを引き起こします。

これは、乗り物酔いのしくみと同じで、乗り物酔いも、内耳と視覚からの情報が一致しないことにより起こります。

なので、台風によるめまいにも、市販の酔い止めの薬が効果があると言われています。

めまいの症状が出そうなときに服用するのが効果的です。

 

眠気

 

台風が近づくと気圧が下がります。

気圧が下がると、空気中の酸素濃度が薄くなります。

そのため、脳にいく酸素の量も減り、それによって眠気が起こります。

ゆっくり深く呼吸をして脳に酸素をおくる、軽い運動をする、水分を取ることで、眠気を予防することができます。

 

 







台風頭痛の対処法

 

台風頭痛は、気圧の変化による自律神経の乱れが原因なので、日頃から自律神経が乱れがちな人は、十分な睡眠、適度な運動、適切な食事を心がけ、自律神経を整えることが大切です。

しかし、体調不良が起こらないように気を付けていても、台風頭痛が起こってしまうことはあります

そんな時に、症状を軽減させるための対処法をご紹介します。

また、「天気痛外来」「頭痛外来」「肩こり首こり外来」といた診療科目を掲げている病院もありますので、症状が重い時は、受診も検討してみて下さいね。

 

 

 

吐き気

 

脳の酸素不足の解消のために、深呼吸をして酸素を送りこむことで、吐き気を軽減させることができます。

また、コーヒー等に含まれるカフェインには、血管を収縮させる効果があるので、カフェインの含まれる飲み物を飲むことで、低気圧で開いてしまった血管を元に戻す効果が期待できます。

ただし、夕方以降のカフェインの摂取は、睡眠の質を下げかねませんので、日中にお試しくださいね。

 

 

また、マッサージや入浴は、体が温まり血管が開いてしまうので、低気圧からくる頭痛に伴う吐き気には逆効果なので、ご注意くださいね。

 

肩こり

 

気圧の変化による肩こりには、マッサージが効果的です。

耳たぶの少し上のあたりを持ち、水平方向に10秒ほど軽く引っ張り、離します。

これを数回繰り返します。耳を持って、後ろ方向にゆっくり回すのも効果的です。

 

めまい

 

めまいが起こった際は、座って、頭を動かさないようにして、めまいがおさまるのを待ちます。

めまいがおさまらない時は、横になり、安静にすることが効果的です。

気圧の変化によるめまいは、乗り物酔いと同じしくみのため、酔い止め薬が有効です。

酔い止め薬には、内耳の血流を改善し、内耳神経を鎮める効果があります。

 

眠気

 

脳にいく酸素が不足して眠気が起こるため、ゆっくり深く深呼吸をすることで眠気が緩和されることがあります。

また、ストレッチ等、軽く体を動かすことで血行が良くなり、眠気にも効果があると考えられます。

背中や腰を温めることも効果的です。

自律神経は首の後ろから背骨付近を通っているので、背中や腰を温めることで、自律神経の乱れを整えることができます。

 







台風頭痛の原因まとめ

 

  • 気圧の変化により起こる体調不良のことを「気象病」「天気痛」といい、気圧の変化により自律神経のバランスが崩れる事で、体調不良が起こります。
  • 自律神経を整える為、普段からストレスを溜めこまず、規則正しい生活、適度な運動、適切な食事を心がけることで、台風頭痛が予防できます。
  • 天気と自分の体調不良の関係を日記につけることで、事前に対策がとれます。
  • 「天気痛外来」を設けている病院もあるので、症状が重い時は、専門医に診てもらえます。

気圧の変化が自律神経に影響して体調不良が起こっているので、日頃の生活に気を付けることによって、症状が軽減されます。

台風頭痛のある方は、まずは、規則正しい生活、健康的な生活を心がけてみて下さいね。

症状により対処法が異なりますので、それぞれの症状にあった対処を施してください。

症状が重い時は、自分で判断せず、専門医に診てもらい、適切な処置をして下さいね。

 

-雑学
-

Copyright© ママと娘のスタイルマガジン , 2020 All Rights Reserved.