上野動物園

上野動物園2019パンダの混雑は?平日と休日の差と整理券についても

更新日:

上野動物園・シャンシャンの愛くるしく成長する姿をみて、是非実際にみてみたいと思うママさんも多いでしょう。

大きい動物園から小さい動物園まで、日本には各地に特色ある動物園がありますが、パンダをみることができる動物園は数少ないです。

上野動物園には他にも、勿論珍しい動物が沢山います。

例えば、国内ではここにしかいないアイアイなどは、童謡効果もあり子供に大人気です。

見たい動物は数多く1日楽しめる上野動物園ですが、やはり目玉のパンダをみないことには始まりませんよね。

子供だけでなく、大人も大興奮しちゃうパンダ、やはり園一番の人気者でいつも混雑しています。

今日は上野動物園のパンダに特化して、混雑状況を解説します。

 







シャンシャンの今の混雑状況

 

上野動物園には現在、母親パンダのシンシン、子供パンダのシャンシャン、父親パンダのりーりーがいます。

また公式Twitterにはパンダの待ち時間の目安がリアルタイムで更新されます。

 

 

やはりパンダは待ち時間が基本的に発生していますね。

寒い冬なら、パンダの行列に並ぶ人も少ないかと思いましたが・・・・

 

 

日によっては90分~120分以上待つことも珍しくはないようです。

 

 

特にシャンシャンは、6月に中国に返還される予定とされています。

「最後に一目シャンシャンを見たい」「もう1回シャンシャンに会いたい」という来園者が増えるでしょう。

気候的にも過ごしやすい季節になることから、待ち時間は増加すると予想します。

 

【2019年7月追記】

返還は2020年12月末に決まりました!

それまでに会いに行きたいですね。

 







平日と休日の差

 

平日も勿論パンダ目当ての来園者は多いですが、傾向として、平日は40分弱、土日は70分以上など平日が比較的すいています。

平日は時間を選べば、20分程度の待ち時間で見ることができる日もあります。

ただし、平日でも春休み中、夏休み中、連休中か平日でも2時間以上待ちになるようです。

特に休日はパンダにたどり着く前にチケット売り場から大混雑します。

なるべく平日にいく、事前にチケットを購入するなど、混雑回避の対策を行いましょう。

 







整理券について

 

以前はシャンシャンの観覧は整理券方式でした。

混雑回避のため、1日9500枚もの整理券を配布し、整理券を得た人のみがパンダを鑑賞可能となっていました。

当然、当時も整理券獲得のために、早くから並ぶ人が続出しました。

 

2018年6月5日以降は、整理券方式は廃止され、先着順方式になりました。

これによりパンダを鑑賞する来園者の数も増加し、今では1日に15,000人以上がパンダをみています。

以前は早く上野動物園に来園し、整理券を獲得しなければ見られなかったパンダが、並べば見られるようになりました。

待ち時間が多い時は他の動物をみる時間が少なくなります。

 

 

 

子連れで行かれるママさんは、待ち時間によってはパンダに固執せず、他の動物を見るという選択肢を準備しておくことをオススメします。

 

 

 







まとめ

 

いかがでしたか。

  • シャンシャンはその愛くるしい姿で大人気です。東京近郊からだけでなく、日本全国、海外からもその姿を一目見ようと多くの人が来園します。
  • シャンシャンをはじめとするパンダの待ち時間は、公式Twitterでリアルタイムに確認できます。冬の寒い時期、平日であっても日によっては2時間以上待ちになることも珍しくありません。
  • 平日も混雑しますが、休日は特に混雑します。
  • 子連れママは、平日の朝いちばんに来園して、並ぶことをおすすめします。これから春休み、GWと家族でお出かけする機会がふえますが、連休は通常の土日以上に混雑します。
  • 整理券方式は廃止されているので、いかに早く並ぶかが肝です。

パンダを子供に見せたい気持ちをもつママさんも多いと思います。

休日に並ぶのは待ち時間が長く、子供にはきついかもしれません。

平日を強くおすすめします。

上野動物園の詳細はこちら

 

住所:〒110-8711 東京都台東区上野公園9-83
TEL:03-3828-5171
開演時間:9時30分~17時
※開園時間は変更することがあります。
休園日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)
年末年始(12月29日~翌年1月1日)
URL:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

 

-上野動物園
-,

Copyright© ママと娘のスタイルマガジン , 2020 All Rights Reserved.